« アタシの部屋!嘘〜 | トップページ | 晴雲雨〜どれかな »

2006.12.19

犬神〜見ましたが…

クサクサしたので、映画に寄ってきました
『犬神家の一族』を観て参りました

感想…みどころ…一番のツボ…んん…
答えに 困る!
サウンドトラックが 一番良かったかな(^^)

なにせ…まるで怖くない!
で、、、台詞は ほぼ 前作と同様(原作通りなのか?)
石坂さんの声だけは 変化なしで良かったなあ〜

肉厚のトンカツから…スーパーの薄いロースかつになった
そんな印象が強かったです…
どなたかのブログで デジタル処理しても良かったのでは?
って、コメントがありましたが意味が分かりました!
確かに…! デジタル処理の方がコレより…と思ったりして!

松嶋さんが「珠世」役、自信ありげの発言してましたが…
ん〜頑張ってたな…とは思います!
でも…当時の島田陽子の可憐さ、意志の強い目、綺麗さには
数段及ばなかった…それがアタシの感想

現代の俳優さんと…当時の俳優さんの
演技力の違いが歴然だった気がする

画面いっぱいに写る 文字
テーマ曲に感動して  つい、フンフン♪しちゃった
前の席のカップルが  ビックリしてました 

絶対に犬神は見ないだろうと思ってた友人が
週末に見たと聞いて 衝撃!!
で、感想を聞くと…怖くなかった、大丈夫だった!
これを聞いた時…思ったの

アタシの中では 前作を超える感動は
生まれないだろうな…と

もう一度、今度は親友と鑑賞します♪
彼女の意見が 楽しみです
アタシは 金田一の声と 美しい風景と
尾上さんの真っ白なハンサムゴム顔を
楽しみに〜再度、鑑賞したいと思っております

「静馬」の声は、前作に似てたな〜
声も尾上さんなのかな? さすが歌舞伎役者
野太い声もええねえ〜☆

« アタシの部屋!嘘〜 | トップページ | 晴雲雨〜どれかな »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

私もオリジナルのが断然いいです!
はじめから、どれだけオリジナルより遠ざからないかとの観点でした。
まず、兵ちゃんが犬神をやるには歳をとりすぎですよね。オリジナルはドンピシャでしたから。あとの役者陣も・・・
おっしゃる通り富司さんも昔とった杵柄で頑張ってますが、高峰の貫禄にはおよびませんね。あと展開というか、わざとそうしたようですが、ミステリー色がうすれてますよね。佐兵衛翁の若い頃のシーンが全く描かれてませんし。
でも、まあ~思っていたよりはオリジナルよりは遠くならず、しかも全く同じ画には驚きつつ、妙に懐かしさを感じ、前半の画的にはあたらしいショット、展開もあり非常にいいと思いました。
今の役者的にみても、まったく同じ画、脚本を一応基本としている点など贅沢なリメイクだと思いました。

>助清役の菊之助さんが…若い頃の美川憲一に見えた!

笑いますね。

では。

そうか〜♪
年内に観に行こうぜい♪
今週末の土曜日の昼間は どうかな?
母が結婚式で新潟へ行くので
夕方は 実家の夕飯当番で
外出出来ませんが〜昼間は暇してるけど!

最初の登場シーンはCGだってね。
今回の映画は石坂金田一がどう変わったか、進化したかみたいですよ。脚本はまるでいじらなかったみたいだし。
兵ちゃんは若いねぇ。妖怪か?
あ、松嶋より小雪のが良くない?幸薄そうで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93999/4607796

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神〜見ましたが…:

» 「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記)  [取手物語~取手より愛をこめて]
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。... [続きを読む]

« アタシの部屋!嘘〜 | トップページ | 晴雲雨〜どれかな »