« カリンは セラピスト | トップページ | おはようございます »

2007.05.29

空想へワープ♪

ちょっと、現実逃避しちゃおう…
**   **   **  **  **

収録の終わった バッカナーレへ
嵐のメンバーと一緒に 行ってみた

「すげーっ、本当にキッチンだ」相葉
「結構、狭いね…潤くん細いから通れるけど」ニノ
「なんか…微かに、トマトソースのイイ匂いがする」智
「さっきまでマスターがパスタ作ってたからね」翔
「マスターじゃなくて、香取さんでしょ〜」ア
「そうでした…痛ッ」翔
「バンビ!何やってんだよ、俺のパスタ、食べに来たのか」
「マスター♪ やっぱり、このネーミングの方がシックリくる」翔
「おっ、元祖バンビ! スタジオ訪問ですか」松潤
「おう♪ 一度、見学したかったもんで…見事なキッチンだね」翔
「ねえ、松潤、パスタ作ってよ…ダメ?」相葉
「松潤のパスタ、食べたいなあ〜」智
「ちょっと待って…スタッフに聞いてみるから…」松潤
そう言って…彼が消えたキッチンでは…

「大丈夫だよ…下ごしらえしちゃおうぜ」佐藤
「いいんですか…さすが、マスター♪」翔
しばし、香取役の佐藤さんのパスタ準備を拝見
包丁もなかなか堂に入ってるし、料理人に見えるよ
アスパラ、ベーコン、玉葱を 手際良くカット
パスタを2人前茹で始める
フライパンを温め…オリーブオイルと大蒜を入れる
いい香が キッチンに立ちこめる…

「アレ…何作ってるんですか、佐藤サン」松潤
「固いこと、言いっこナシよ…」佐藤
アスパラとベーコンが いい音を立てて炒まっていく
パスタを フライパンに入れる…手早く振る
パスタと具が 絡み合い、そして…
バッカナーレのロゴ入りの皿に
バランスよく盛りつけられた

「頂きます…」相葉ちゃん、美味さにグットポーズ
続いて 智が口へ    「めちゃめちゃ美味い…」
「プロ並みですね…塩味が絶妙」とニノ
「アスパラの歯ごたえ、ベーコンの肉汁、パスタの固さ
 凄いなあ…こんなバランス良く作るなんて、尊敬!」翔
「どれどれ…ん、出来立ては…何でも美味いよね」松潤
「あの…アタシの分が…ないんですけど…」ア
「あっ、ゴメン…つい、5当分で割る癖がついちゃってて」相葉
「俺が作るよ…お詫びに…何味がいい?」松潤
「野菜のパスタがいいな〜☆」ア

省吾、キッチンで料理をつくるの巻♪
パプリカ、キャベツ、玉葱を小さくカット
パスタを一人前茹でながら 野菜を炒めていく
茹で上がる直前に フライパンにクリームソースをIN
湯切りしたパスタを加え 塩を加え味を整える
キレイに盛りつけて 野菜たっぷりのクリームパスタ完成
「頂きま〜す♪(ツルツル)…ん、美味しいっ」ア
「どれ…ちょっと貰っていいかな…」佐藤
「ねっ、美味しいでしょ♪塩味が丁度いい」ア
「ん…キャベツのしんなりさが丁度いいね…」佐藤
「本当? じゃ、俺も一口…ん!! 上出来だね、コレ!」松潤
「アッキー、一口…ダメ?」翔
「…ってか、目が狙ってるじゃん、4人して…どーぞ」ア
半分しか残ってないパスタを
仲良く分け合う 翔、智、和也、雅紀 が可愛いぞ♪

そこへ 与那嶺さん(北村さん)登場
「君たち、ソコでナニしてるの?
 今から、パンナコッタの試食があるんだけど、行く?」
「行きます!」嵐、ア、佐藤

バッカナーレのテーブルにキャストが全員着席していた
「ようこそ、バッカナーレへ」市村さん、ノリノリ♪
嵐メンとアッキーは恐縮ムード
「まあまあ、固くならず、中央の席へどうぞ」与那嶺
「お客様、こちらのお席へどうぞ」伴
「いきなり、伴になりきってるね…潤くん、ステキっ」ニノ
「ありがとうございます…」智
「ハイ、座ります…」相葉
「ありがとう…」ア

「では、カメリエーレの諸君、ヨロシク」与那嶺
流れる様な動作で パンナコッタのお皿を
テーブルに運び始めるキャスト…
キッチン担当のキャストも 今はお客様
さあ、紅茶とドルチェの準備ができました

「バッカナーレ自慢のドルチェをお召し上がり下さい」
与那嶺の言葉を聞き終えると
店内は スッと静かになり
微かにスプーンとお皿の触れ合う音だけになった
笑顔のオンパレード
本当に美味しい物は  人を幸せな顔にしてくれる

「柔らかい…」ア
「溶けるよ…コレ」翔
「めちゃめちゃ、美味しい」智
「たまんないね…」ニノ
「ん…美味いわ…」松潤
「ワッ、味が凄い、濃い」相葉
嵐とアッキーのテーブルだけ、声が溢れている
他のキャストは 消え物は よく口にしてるようで
食べ慣れてるみたい…

「どうでした? バッカナーレは」松潤
「ねえ、今度、嵐の宿題くんの収録の後は
 バッカナーレで食事って、どうかな〜」ニノ
「いいね…出来立ての美味しさを楽しめるもんね」智
「松潤に事前に注文しておこうよ」相葉
「面倒なら、メニューは任せるよ!松潤に」翔
「何。勝手に盛り上がって…」松潤
「バンビ、賄い作る時、多めに作ってやればいいじゃないか」
「佐藤サン…いや、香取先輩、マジですか?」松潤
「元祖バンビが空腹じゃ、可哀想だろう…」
「さすが、マスター(泣)、伊達に付き合い長くないよな」翔
「じゃあ、毎週木曜日はバッカナーレで食事ってことで」ニノ
「ヨロシク、お願いします」智&雅紀
「木曜だけ…毎回、同じパスタ作ってやる…」松潤

一緒に食べに来たのに…
翔とデートのつもりだったのに…
なんか…やっぱり、嵐は5人で
絡み合うのが…好きなんだ…
まさに…美味なるパスタのように♪
それぞれが 引き立て合って、更に美味しいモノになる♪

« カリンは セラピスト | トップページ | おはようございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気遣いは松潤の十八番だもんね
普通に、ぱっと、きっと、
色々と思いついたり、目についたりしちゃうんだろうね、性格!?
嵐は性格バラバラで、きっと組み合わせると
一枚の絵になるパズルのように…いいバランスなんだろうね
DVDがかなり売れてるようで、一位みたいですよ、ランキング!

空想万歳(笑)

翔君とデートのはずだったんですね
嵐は仲良しですもんね
ちょっと残念・・?

空想の中でも皆の個性が出ていてかなり楽しみました
アッキーさんのパスタを等分しわすれてお詫びに作る気の回る潤君、やっぱり素敵♡^▽^♡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリンは セラピスト | トップページ | おはようございます »