« ポット買ってくるね | トップページ | ダヤンを頂きました »

2007.07.01

白馬に乗った翔♪♪

先日、バトンをやった時に秋冬なら
乗馬服がいいと書きました…
ド派手な乗馬服…ともいえるかな〜王子服!
TBSの新番組の特番で…
白馬に乗ってました…王子姿の櫻ノ宮が!!

翔…やっぱり、かなり痩せたね
アタシは…夏コンが近づいてきたというのに
少し痩せたら…気が抜けたのか…
切り餅をトースターで焼いた時みたいに
急激にぷっくりと 太りだしている…マズい!!
翔を見習って スリムを目指さねば!!

アタシが一番 気に入ったのは
御村が 後ろの席に座ってる太郎の筆箱
(これが チョコレートの空箱なんだけど
  鉛筆も 両方削って使ってるし かなり短い!)
これを自分の脇越しに 見るんだよね〜
あの 「あんなもの生まれて初めて見た」 的な
翔の顔がいいんだ〜♪

それから…華道の家元らしく
花を生けるそうで…先生は 雁屋崎さん!
花と翔…似合いそう(*^▽^*)

一方、山田家の撮影…自宅では…
ニノが撮影に入る時に すでに兄妹の一人が
本格的に眠っていました
寝てるシーンを撮ってる間に 寝ちゃったのね♪
この寝顔を ニノが 優しげに見つめてるのがいい

エアギターの撮影シーンも見られたよ♪
ニノがカメラを回してる時…
翔とヒロインの女性が エアギターコラボしようとしたら
「いやらしいから やめて」とか…ニノに言われ実現不可!
でも、アタシは ニノがSTOP って言ってくれて嬉しかった
いや〜やっぱり、キスシーンじゃなくても
女性とのシーンは…まだまだ、アタシには慣れません
ニノ、どーかひとつ、翔をガードしてやってください
(って…何から??)

ラブストーリーは
松潤やニノのように 経験値の高い方の演技だと
落ち着いて ストーリーを純粋に楽しめるけど…
翔がラブストーリーやったら…心臓が持たない!!

あ〜っ(●^▽^●) 良かった♪
男同士のコメディーっぽい原作で♪♪

明日はフレンドパークですね…
早く帰れるといいな…録画してても…見たい!

« ポット買ってくるね | トップページ | ダヤンを頂きました »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

hizakiさん…コンサート!How〜の
  Blueのピアノを弾く翔の姿がダブりました
  やっぱり、凄いよな〜アタシはピアノは無理!
  せいぜいパソコンのキーボードを叩くくらいだ
  あのシーン、本当にバタバタと客席の
  女子高生が倒れるのね…今、女子高生だったらな
  エキストラ応募するのに…ハア…

rosyさん…花男は 適役でしたもんねキャラ全員!
 それにブチュブチュっとやりまくるわけではなく
 要所で♪って感じだし…可愛いキスだったもんね
 でも…それでも…やっぱり、ファンとしては
 見たい様な 見たくない様な…ですよね
 アタシ…翔のラブシーンは演劇で生を
 何度も見た時…心臓が疲れた感覚を覚えた
 今回のドラマで チューがあったら…
 そこだけ録画を早送りすれば なんとかなるかと
 とりあえず、太郎と御村の関係、山田家の愛
 この辺を描いてくれたら 嬉しいなと♪

らぶももさん…それはかなり気になる情報です!
 ぜひ、個人的には山田家の愛情物語ってことで
 御村くんは…いいです!太郎との関係だけ
 描いてくれたら♪と…思ってしまうアタシ
 まともレポじゃなく かなりアタシ的な書きですが
 妄想して頂けて 嬉しいです♪♪
 いよいよ…放送ですね…娘さんとアタシの
 ドキドキは たぶん、同じかと♪

あの 「あんなもの生まれて初めて見た」 的な
翔の顔

私もあの翔ちゃんの顔大好きでした!そして、ピアノを当日の練習だけでこなす翔ちゃんが改めて、ああ、セレブだったんだ。。。慶応ボーイだたんだと気づきました(笑)
放送が楽しみすぎです!

私の所も放送なかったよ~

確かに心臓持たないかも・・
潤君ドラマ結構やってたからもう普通なのかも知れないけど、私は何度されてても慣れててもラブシーンはドキドキしてやきもち焼いちゃうからヤダ(苦笑)
でも何故だか花男の真央ちゃんとのラブシーンは大好きだったなぁぁぁ

うちの娘は、御村のあんちゃんとよし子ちゃんの
仲をかなり心配しております・・・よし子ちゃん
やや自分と似通った年齢のせいもあるんでしょうが
漫画原作では許婚になって、チュッと可愛いシーン
あるもんですから、それが気がかりの様子。
太郎ちゃんの恋のシーンは(片思いされる方だけど)
きっと出てくるだろうけど、御村君のとこまで
細かく描かれるかはわかんないよ?と慰めましたが。

ドラマナビ、こっちでは放送がなかったので、
文面で妄想しっぱなしです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポット買ってくるね | トップページ | ダヤンを頂きました »