« 自己ベスト2 小田和正 | トップページ | 時代劇雑誌に 織田椿! »

2007.11.28

アダムを見かけました

今日、小田和正さんの「自己ベスト2」を
CD店に駆け込んで 引き取りました

で、隣の本屋さんで
松本清張の本を物色し
読みたいものが並んでなくて断念

そのままアイドル雑誌で
嵐の笑顔を見たり
「継」「楽」「嵐」「蒔」「謝」など
5人の選んだ文字に 想いを馳せ

演劇雑誌 何気なく眺めると
「忘れられない人」 ステージレポ
という記事を偶然見ました
そこに…アタシが逢いたくてやまなくて
でも、逢えなかった「アダム」がいました

舞台の写真にジッ!!
ウルウルの雅紀の瞳や
アイスホッケーを観戦する二人
掃除するアダム、キャロラインを守るアダム
仕返しで刺されたアダム
眠るように亡くなってしまうアダム
さっき、パンフレットを眺めながら
雅紀の全身で演じるアダムって
凄いな…って思いました

ある意味、コトバじゃない
その存在で 何かを伝えるって
雅紀の得意分野かな…と
改めて…「見たかった…」と思いました

でも、写真でも舞台の感じが分かって
嬉しかったです


« 自己ベスト2 小田和正 | トップページ | 時代劇雑誌に 織田椿! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己ベスト2 小田和正 | トップページ | 時代劇雑誌に 織田椿! »