« 猫占い…アタシはペルシャ | トップページ | 切り紙 2/16 »

2008.02.16

怖いけど見たかった…市川作品

ホラー映画は昔から苦手
撃たれる、切られるなんて…
血が出る=観賞ムリッ!!

そんなアタシだけど推理モノは大好き
横溝正史の単行本を
本屋で初めて見かけた時
表紙の絵の薄気味悪さにドキッとした
裏表紙の解説を読んだら…続きが知りたくて
本は ずいぶん買いそろえました
映画は(映像)だからムリッ!!
でも、本は適度な想像でやめられるから
気持ち悪くならない程度に空想できた

市川監督の作品(金田一シリーズ)
映画館で見たのは
つい最近リメイクされた「犬神家の一族」
正直、オリジナルを見ていたから
ストーリーも、次に何が起こるかも
分かった上で観賞したせいか
安心して見ていられた
というより、旧作より怖さが半減してた気が…

家族は皆、気持ち悪いといって
TVで放送があっても見せてくれなかった
確かに…食事しながら見る内容ではないか
録画しておいて 後で見る…それが定番だった

「女王蜂」「悪魔の手鞠唄」
「獄門島」「病院坂の首くくりの家」
「悪霊島」「悪魔が来りて笛を吹く」
「犬神家の一族」「八つ墓村」

いろいろ見たけど 数作以外は市川作品です
去年、DVD BOXを買いました
先日の市川監督の訃報を知り
今日、「病院坂…」を見返しました
怖いけど…見たい

市川監督の金田一シリーズは
時々、アタシの中にある「怖いけど、見たい」
そのためのアイテムとして
生涯、見続けていくと思います

素敵な作品を夜に送り出してくれたこと
石坂さんの金田一が一番好きだったアタシ

ご冥福をお祈りすると共に
ありがとう…の感謝の気持ちでいっぱいです

« 猫占い…アタシはペルシャ | トップページ | 切り紙 2/16 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫占い…アタシはペルシャ | トップページ | 切り紙 2/16 »