« ART OF WORDS『人間失格』 | トップページ | 「魔王」、改めてスゴッ! »

2009.05.05

「ブタがいた教室」&「クライマーズ•ハイ」

気になっていた映画を
レンタルしてきました♪

「ブタがいた教室」
どれくらい泣いたか…分かりません!
(台詞)が空欄だったそうです、子供達の台本
リアルな映像を撮るための斬新な工夫ですね

小学6年生のクラスで
新任の男子教員が 子豚を連れてきます
「このブタを育てて、最後にみんなで食べようと思う」
飼うことに決まって…(Pチャン)と名付けられたブタ
世話をするうちに 情が移ってしまう子供達
卒業を前にPチャンをどうするか議論が始る
  *他の学年に引き続き育ててもらう
  *食肉センターへ送る
  *食べることは殺すこと、そんなこと出来ない
  *他の学年に渡すのは責任から逃げている
生かす側、食肉とする側が 同数で割れて
卒業直前まで 涙しながら議論する
結局、最後は男子教員の一票で(食肉センター)へ送られる
人は命を頂いている…当たり前のことだけど
ズシッときました。。。これからは買って来た商品を
無駄にしないようにします! なんて改め思いました


「クライマーズ•ハイ」
横山作品は(半落ち)を偶然映画館で見てから
大ファンになって 本を読みました
この原作も もちろん読みました
日航機墜落事故については 縁を感じます
古本屋で 偶然手にした柏木由紀子さんの本
他にも関連の本を いつも偶然、手にする事が多くて
実際に乗っていた方の(最後のコトバ)を
目にすると胸が詰まってしまいます
落下する機内で 書き残した想い

ドラマでも見ました
映画は…リアルさが少し怖くて劇場へ行きませんでした
堺雅人さんに 最近ハマっているので
ダブルで堪能できました

風化させてはいけない事故だと
改めて思いました
あの日、ニュースで目にした墜落現場の映像は
阪神淡路大震災の時と同様に強烈な印象を
アタシの中に残しています

« ART OF WORDS『人間失格』 | トップページ | 「魔王」、改めてスゴッ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

鯨影さん
小さな時の経験が
のちの人生を決める…貴重な体験だったんですね
夢を叶えて…凄いな♪

今、気になっているのは「余命一ヶ月の花嫁」
もう、絶対にSCREENで見たら泣いちゃう…
でも、事実だから 病気と向き合った姿を
映画を通して感じたいとも思います

「ブタがいた教室」以外はオイラも全部読みました。
ちなみに、「ブタがいた教室」に似た話で(もしかして原作?)、NHK東北のドキュメント番組で豚か牛かは忘れましたが、飼っている1つの5、6年生を2年間に渡って取材した番組がありました。
オイラが感動したのは、涙を流しながら「将来は動物を助ける仕事をしたい」って言っていた小学生が、成長して獣医になって家畜の世話をしていたことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ART OF WORDS『人間失格』 | トップページ | 「魔王」、改めてスゴッ! »