« 新年初「ひみつの嵐ちゃん」 | トップページ | キャー(o≧∇≦)o生電話 »

2010.01.17

ドラマ【神戸新聞の七日間】

見終えるまでに、ティッシュ8枚。
涙が何度も、何度も溢れました。

TV画面に映し出された
当時の報道映像は
アタシの記憶に 強烈に残っています。
ヘリからのレポーターの声
黒煙に煙る映像を
すぐには(大都市 神戸の今)
そう 理解できずにいました。


今回のドラマは
ドラマだけど ドラマじゃないって思えた。
完全に俳優さんの演技だけで構成したら
それが事実であっても
アタシの受け止め方は きっと違っていた。

翔演じる、カメラマン三津山さん本人が 
画面に現れて語る、当時の状況や想い。
「実際に体験した本人」が
語る(震災当時の神戸の現実)を
俳優陣と制作側が(映像)として
サポートしたような いいドラマでした。

翔、とても貴重なドラマに
参加できたのではないでしょうか。
俳優陣、一人一人が
実際の方々と重なり合って
胸が熱くなりました。

翔が主演する事で
たくさんの人達が
このドラマを見てくれたと思います。
その意義は とても大きいと思う。
内藤さん、高島さん、萩原さん
小野さん、山本さん、熱演に感動しました!


15年も前なのに…
アタシは 震災の怖さを感じました。
「もし、今、ここで同じ事が起きたら」
そう思うだけで想像する事が怖くなった。

寒空の下
突然、住む家を 家族を
ライフラインを失い
何が何だか分からない恐怖の中
生き残った人々が 
懸命に助けあい 生きようとする。
今の自分に そんなキモチの強さ
あるだろうか…。


色々な事を考えました。
復興した 神戸の街が
エンドロールと共に映し出された時
凄いな…人間て。
そう思いました。

忘れてはならない記憶
【阪神淡路大震災】
 

 
 


« 新年初「ひみつの嵐ちゃん」 | トップページ | キャー(o≧∇≦)o生電話 »

」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

るんちゃん

ホントに、色んな事を
考えたり、思い出したり
改めて抱いた思いもあり…内容の深いドラマでした。
そんなドラマに主演してた翔を誇らしく思います。

アッキーさん
ドラマ見ました。
母と涙と鼻水をぬぐいながら

私は小学生でした
親類もいなかったから
少し遠い感覚で見ていました
でも、今改めて見ると
当日よりリアルに感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年初「ひみつの嵐ちゃん」 | トップページ | キャー(o≧∇≦)o生電話 »