« (閉店)お疲れさまでした。 | トップページ | なんとなく、一息 »

2012.02.11

映画「麒麟の翼」

ドラマ:新参者を楽しんだので
もちろん、映画も注目しておりました。

友達と観てきました♪

泣けたcrying
時々、阿部&溝端の
お馴染みの(掛け合い)に笑いながらも
泣けたweep


 

  〜ネタバレ&感想〜


 
 
 

《隠そうとする者》と(受止めようとする者)

瀕死の状態で…
麒麟像へ向かう青柳は
青年が歪曲した(水泳部の事故と息子の関係)を
事実と信じて、さぞ心を痛めただろう。
青年が刺した…本当の意味を知らぬまま。
でも、死した後。息子は父の想いに気づく。
それが、せめてもの救いに思えた。


八島は…
労災の後遺症と 失業中の現実に
悩みながらも 日々頑張る青年。
青柳が置き去りにした鞄を盗むも
すぐに…後悔するが警察に発見され
動揺、逃走。 結果、事故にあい
我が子の顔をみることなく亡くなる。
恋人への殺人容疑と死。貧しさと妊娠。
彼女を取り巻く現実は厳しい。
でも、加賀と出会い(原点や愛)を思い出す。
彼女の産む決意と、八島が妊娠を知っていた事が
このカップルの唯一の救いに思えた。


(死人に口なし)労災隠しは
亡くなった青柳の指示だったと会社側は発表。
自業自得だ…と、一度は父親を軽蔑した息子。
しかし、「キリンノツバサ」というキーワードから
父親の(謎の行動)と自分が隠蔽したアル事故の
関連性に気づき、労災隠しは濡れ衣だと確信する。
そして、過去の過ちを認める勇気を
亡き父親から貰った息子は…事故と関わった
同級生を呼出すが…その内の一人が
父親を殺した犯人だった。
父の死、親友の犯行、事故で傷ついた後輩の事。
彼は父から勇気を貰い、新たな一歩を踏み出す。


加賀は一見、冷たそうに見えるが
(事件の真実)だけではなく
事件に関わった人々の心を
労っているように思う。
さりげなく、そちらを向かせ
自ら気づくように仕向けたり
誤解をサラリと解いてみたり
魅力的なキャラクターです。
阿部さんの佇まいもステキで…
同年代としては 嬉しい限りheart
 
ぜひ、数年に1度のペースで
映画化して頂きたい!!!

 
2回くらい…映画館に行っちゃいそう♪
 

« (閉店)お疲れさまでした。 | トップページ | なんとなく、一息 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

るんちゃん

アタシ、2度目の観賞してきました。
そして…やっぱり、泣いてしまった!

いいねえ〜「新参者」の雰囲気、
アタシも、数年に1度は感じたいです♪
ぜひ、映画化を!!

アッキーさん
私も今日、友達と観てきました。
泣きました。後半は鼻をすすりながら。

東野さんファンの友達も絶賛してました。
阿部さん、確かに素敵ですね。
これで終って欲しくないわ。
ぜひ、踊る大捜査線みたいに
何年かに一度、映画化して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (閉店)お疲れさまでした。 | トップページ | なんとなく、一息 »