« IQ246 | トップページ | 僕妻。。。泣いた! »

2016.10.23

ドキュメンタリー映画「健さん」に涙

土曜日に1本の映画を見てきました。

高倉健。
ヤクザ映画、任侠映画は
苦手なのでアタシは ほぼ見られませんが
高倉健さんには、初めてTVで見た時から
「カッコいい」 と
子供心に惚れてしまいました。


今回の映画は、
高倉健さんに縁の方々が
(健さん)について語り、
秘蔵映像や写真も交えた
ドキュメンタリー映画です。


以前、TVの特番で放送された
あるシーンに アタシはキュンキュンしました。
奥様の江利チエミさんと一緒に
ご飯を食べたり、イチャイチャしたり、
もう〜本当にLOVE LOVEが溢れてる
とても素敵な動画だったんです。
任侠映画のキリッとした
怖いくらいのギラギラした感じはなく、
笑顔の奥様を見る時の
健さんの笑顔が、恋する一人の男性で。
短い動画を、アタシは何度も見返して
心があったかくなりました。


そんな彼が(俳優 高倉健)を
常に演じ、意識する姿や、
ストイックに身体づくりをしたり、
言葉で語るより、黙って演じる方が
伝わる事が多いのでは、、、と考える
容姿だけではなく、本当に「男」って感じがしました。


華やかな場を避けていた彼でも、
付き人の息子さんの披露宴に出席して
挨拶する姿は、本当に素敵でした。


そして、元妻の葬儀の時は
出席しなかったけれど、
実は、お寺の裏で手を合わせていたと聞いて
涙が止まらなかった。
以前見た、微笑ましい新婚時代の映像が
アタシの脳裏に蘇ってきて、、、
チエミさんと別れずにいられたら
健さん、どうだったろなって。
思ってしまいました。


インタビューに応える皆さんからは
健さんへの愛が伝わってきます。


そして、お酒を控えていた健さん。
その理由が、一度タクシー運転手を
ボコボコにしてしまったので
酔ったら自分に歯止めができないから
飲まないって話も興味深かった。


上映が終わって、会場が明るくなると
アタシと同世代と思われる人は
数名で、おそらく60代以上の方々が
9割だったと思います。
高齢の叔母アチャマに
「あら、お若いのに好きなの」と
ぶやかれました。


いい男には、惹き付けられるものでheart
ブロマイド って呼ばれる物の
友達が旅行先で買ってきてくれましたしね。


「寒青」とは健さんの好きな言葉。
海を望む岩場に立つ、松の木が映像で流れました。
周りの植物が全て枯れ果てても
雪が吹き付ける中、松の木には
青々と葉が茂っている映像に見入りながら
健さんの声を聞いていました。

(意味)
どんな状況でも、変わらずに
   辛い時でも耐えて、変わらずに・・・
ただ生きているだけでなく、いつも枯れずに
   青々と、生きている。

161022_141701


« IQ246 | トップページ | 僕妻。。。泣いた! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IQ246 | トップページ | 僕妻。。。泣いた! »