2009.12.26

アナタに帰る夜


その年 最後の月
星が灯りが 輝く冬の夜
アタシが アナタへと
帰る季節が また来る

 
久しぶりに逢う 親友のように
時間の壁など 意味をなさない
アタシの アナタへの想いは
いつだって 変わらない

 
アナタは 常に変わってゆく
模索し 進化し 努力し
アナタより ずっと若いアタシが
タラリと 生きているというのに
 
 
毎年 サンタクロースのように
アナタは プレゼントをくれる
一度でいいから
直接 受取ってみたい
 
 
今年のプレゼントは
とっても 心に残ったよ
だって、素敵な仲間と奏でたメドレー
+アナタの笑顔と涙顔も ついてたから
 
 
アナタに帰る夜
毎年のお約束
今年も ありがとう
 
 
また 来年
アナタに帰ります
今度会う時は
アタシも 変わっていたいな
 
 

2009.04.15

アリガト

視線を左に流すと

丸くなって眠るキミが見える
 
体重4キロ、小さな身体

でも、この家の人には

きっと 一番大きな存在だよ キミは
 

後ろから 音もなく忍び寄り

足首辺りに 頭をすり寄せる

振り返ると ジッと見上げる ふたつの瞳
 

キミと出会って 8年が過ぎた

互い お腹がタプンってしてきたけど

これからも ヨロシク!


いつも アリガトね…カリンcat
 
 

2008.12.28

セカイ ハ カワル

双眼鏡を 覗くみたいに
気がつくと 見てる世界が 
狭くなっている
 
新しい年 新しい月 新しい一日
始まりは いつも
そこにあるけど

カワレナイ自分 カエタイ気持ち
そんなアタシが 見つけた答え
 
(彼の瞳)でモノを見たら
セカイ ハ カワル
きっと 違って 見えるはず

ミスする前に
JMのように細心のチェックをしよう

怒りが溢れたら
SSのように前向きな気持ちに切替えよう
 
心が立ち上がれない時は
MAのように笑顔のモトを探そう
 
仕事で辛いと感じる時は
YOのようなプロ意識を思い起こそう
 
疲れきった時は
KOのように空を見上げて癒されよう

不平不満を言う前に
KNのように望まれた事をこなそう

波立つキモチを持て余したら
SOのように自分の世界で落ち着こう


彼らの(視点)を
空想するだけでも
見えなかったセカイが
アタシに見えてくる気がする
 
その魔法が 使えたら
セカイ ハ カワル


2008.10.29

yubi-saki

あなたの 指に
一日 なりたい

そしたら きっと
たくさん 発見があるはず
 
鼻に つい指が行ったり
携帯のキーを押す 早さだったり
打合わせの時に 書き記すコトバ
右と左 どちらが多く物を持つ?
眠る時、 手はどこに置くのかな

あなたですら
意識しない世界を
見られるかもしれない

壁紙の中の
あなたのyubi-sakiが
とっても キレイ


Fl0401pl
 
 

2008.06.03

心 揺らす人

貴方は 私を揺らす人
心を 揺さぶる人
 
楽しいから ココへおいで
その笑顔 その歌声に
誘われてる 私
 
ラッシュの人混み 
朝から 乾いてく心
耳元で貴方が歌うと 心の色が変わってく
 
いつも 貴方を感じ
貴方に 感化されて 生きている
 
前進あるのみ…
と、心を後押ししてくれる
慣れという空気に 包まれがちな私に
揺らぎを もたらしてくれる人
 
でも 昨日は違った
貴方が 傷ついた
笑顔を共有した 次の日に
貴方は 痛んでいた
  
初めて 動揺という揺れが
私に襲って来た
 
心に 激震が起こり
余震は 止まることがなかった
 
 
今 同じ時間を
テレビ画面の向こうとコチラで
貴方と私は 共有してる
 
顔をみる
声を聞く
普段通りの貴方が そこにいる
 
どんなコトバより
心が揺れた  嬉しくて揺れた
 
大切な笑顔を見たら
余震は消えて 私も笑顔になった
 
貴方を感じて 
この先も ずっと
心 揺れていく 私
 

 

 

2008.05.11

予感

貴方とは ずっと
トモダチのままだと思ってた

私が 貴方に
恋することは たぶんない

そう 思ってたのに 今
私の心に 小さな波が立ってる

波が立つ時
それは 私が 貴方を思う時

もしかして もしかする?
恋 してしまうかもしれない?

落ち着かない心
この感覚って 恋に落ちる直前に似てる

ドラマに主演
いきなりの朗報
でも 私には 少し怖いの

演じる貴方を 画面で見た瞬間
この予感が 確信になる気がして…


大野智
ついに 私を射止めますか
ずっと トモダチの彼氏
そんな感覚で 貴方を見て来たけれど

ついに 私が
大野智に落ちる日が 来てしまうのか

2008.03.09

90度…回転

気がつけば
見つめる先は いつもアナタ

やるべきこと
やりたいこと
他にも たくさんあるのに

気がつけば
見つめる先は いつもアナタ

マラソンのように
ずっと 続いてく思い
だから 時には
アナタ方向から 90度回転して
別のことに 夢中になる
そんな時間も 必要かなって思えた

今 そうムリもなく
別方向を向いていられる

でも やっぱり
チラリと 見つめる先は
アナタになってしまう

この恋心が
ずっと 生き続けますように

アナタを見つめていれば
いろんな世界に 触れさせてくれる

これからも ずっと…
アタシの知らないモノに
出会わせてね アナタ

2008.02.22

シーソー

ギッタン バッコン
右へ 左へ
上へ 下へ

気持ちが 振り子のように
揺れている

好きになること
応援すること
それが 喜び

でも 少しだけ思う
そんなに人気者にならなくてもいい
…らしさ…を失って 欲しくない

風が 彼らに吹いている
追い風に乗って
もっと上へ 飛んでゆける

飛んで欲しい 輝いて欲しい
でも 高くなればなるほど
その顔は 小さく見えにくくなる

手の届かない存在に
ならないで くれますか

どんなに高く舞い上がっても
時には 地面に立ってる私の元へ
フッと降り立って 笑顔を見せて欲しい

初めて 出会った時の
あの親近感を これからも
ずっと 感じていたい

嵐には…


2008.01.10

人の時間で…

流れ星の写真をみた
昔 子供の頃
この辺りでも見た
「夜」という暗さの中に
瞬く無数の星が点の様に存在し
たった一本 線をなし
…流れ星が映っていた

この写真を撮るのに
どれほどの時を費やしただろう
今 私の頭上には
街の灯に白けた夜空が広がっている

遠い街のキレイな夜空を
こうして見られる幸せ
彼が使った「時間」に…感謝しながら
もう一度 あの写真を眺めに行こう

2008.01.08

変則を…あえて

歩く時
話す時
仕事をする時
通勤の定番ルート
聴いてる音楽
人の流れ

たくさんのテンポを
感じながら
そして 自らが作りながら
毎日が過ぎて行く

最近 定番を避けている
といっても かなり緩い決意

いつもなら 苛つくほどの
ゆったりとした音楽を聴き

いつもなら 歩かない道を選択し
少し遠回りで 出勤したり

怒りがこみ上げる事が起きると
別の波動を持っている人と
一言、話をして落ち着いてみる

しばらく…変則
これを(小さなモットー)に
過ごしてみようと思う

より以前の記事一覧